ボックス

Boxによるオンライン研修

遠隔地とのコンテンツ共有や、部門や会社の枠を超えた円滑な共同作業が可能となる「Box」は
オンライン研修のツールとしても活用できます。

Boxを利用したオンライン研修

テレワークや在宅ワークなど、「新しい生活様式」に対応した働き方が政府から求められています。
遠隔地とのコンテンツ共有や、部門や会社の枠を超えた円滑な共同作業が可能となる「Box」は
オンライン研修のツールとしても活用できます。

オンライン研修を可能とするBoxの機能

オンライン研修を可能とするBoxの機能
  • 容量無制限だから大容量コンテンツもアップロードOK!
  • 教材の配置はカンタン!フォルダにドラッグアンドドロップするだけ
  • 教材へのアクセス権を柔軟にコントロールできる
  • 受講時のQ&Aはコメント機能でリアルタイムに
  • 提出用リンクを使って理解度テストを提出
  • 一連のカリキュラムを「Box Note」にまとめて受講者に提供

1.容量無制限だから大容量コンテンツもアップロードOK!

容量無制限

Boxは保存容量が無制限。サイズの大きな動画や画像の教材であっても、
容量を気にする必要はありません。
従来のファイルサーバーでは容量が足りずどうしても破棄しなければならなかった過去の教材も
Boxなら安心して保管し続けることができます。
またBoxはクラウドの技術により時間・場所・端末を問わず教材にアクセスが可能。
スキマ時間を使った受講や、様々な端末からの受講も受け入れられるので、
リモート研修には最適です。

2.教材の配置はカンタン!フォルダにドラッグアンドドロップするだけ

フォルダにドラッグアンドドロップ

Boxへの教材の配置はとても簡単。講師は教材を配置するフォルダを作成し、
教材をドラッグアンドドロップするだけでアップロードが行われ、配置が完了します。
この時点では、まだ誰も教材を閲覧することはできません。

なお、Boxに保存できるファイル単体のサイズ制限は5GBまでです。
5GBを超えるファイルの保管が必要な場合は、5GBを超えない範囲でファイルを
分割してください。

3.教材へのアクセス権を柔軟にコントロールできる

アクセス権

教材の配置を終えたフォルダに対して、受講者となるユーザーを招待します。
個人単位での招待もできますし、あらかじめユーザーを部門や職種ごとのグループに
束ねておき、グループを招待することもできます。
教材フォルダへのアクセス権は、ユーザーやグループごとに7段階の指定が可能。
例えば、教材の管理や編集を担当する人(管理者や講師)は「共同所有者」として招待し、
あらゆる操作を認めます。その一方で、受講者は「プレビューアー」として招待し、
教材の編集・ダウンロード・コピーを制限すればよいでしょう。

4.受講時のQ&Aはコメント機能でリアルタイムに

コメント機能

受講内容について質問があれば、Boxのコメント機能を使っていつでも講師に
問合せることができます。
Boxでは、ファイルに紐づける形でコメントを入力でき、コメントの内容を
指定したユーザー(講師や質問者など)にリアルタイムに通知することができます。
これにより、講師と受講者の双方向のやりとりが可能になるだけでなく、
コメントの内容を社内のナレッジとして受講者のみなさんで共有することができます。

5.提出用リンクを使って理解度テストを提出

理解度テスト

受講者に理解度テストなどの提出をお願いする場合は、
「ファイルリクエストリンク」を使います。
回答内容を他の受講者に見られては困るので、受講者がアクセスできない提出用フォルダを
作成し、講師のみにアクセス権を与えます。
そしてこの提出用フォルダへのアップロードのみを許可する「ファイルリクエストリンク」を
使って受講者に提出をお願いします。
受講者は提出に必要な情報を記入した上で理解度テストをアップロードできますが、
他の受講者のファイルの存在や、ましてやその回答内容は見ることができません。

6.一連のカリキュラムを「Box Note」にまとめて受講者に提供

BoxNote

教材へのリンクや理解度テストの提出先リンクなどを一つのノートにまとめて受講者に配布します。
研修のタイトルや概要、ねらいなどをテキストで記載し、研修で使用する教材へのリンク
(Boxの共有リンク)や、受講の際に参考となるWebページへのリンク等も記載します。
理解度テストの提出用紙(ファイル)へのリンク、あるいは提出用リンクも貼り付けておきます。
このように一つのノートに研修に関するあらゆる情報やリンクをまとめておいて受講者に
配布することで、受講者はこのノートさえ見れば、研修の内容や手順、提出物などの全体像を
把握することができます。

価格

■Editionと価格(1ユーザーあたり月額)

サービス名 説明 価格(定価)
BUSINESS
  • コラボレーション機能:課金対象

  • ・容量無制限
  • ・企業向けのコンテンツ管理
  • ・7段階の権限設定
  • ・共有/コラボレーション機能
  • ・最大50世代の版管理
  • ・全ての操作をログ記録
  • \1,800
    BUSINESS PLUS
  • コラボレーション機能:非課金&無制限

  • BUSINESS機能に以下を追加
  • ・全ユーザーのコンテンツ監視
  • ・モバイルセキュリティ設定
  • ・SSOと3つの外部アプリ連携
  • ・メタデータによるコンテンツ管理
  • ・Zones/Governence選択可能
  • \3,000
    ENTERPRISE
  • コラボレーション機能:非課金&無制限

  • BUSINESS PLUS機能に以下を追加
  • ・IP/デバイス制限
  • ・セキュリティ詳細設定/パスワードポリシー
  • ・外部アプリ連携無制限
  • ・最大100世代の版管理
  • ・電子すかし
  • \4,200
    お問い合わせ
    Copyright(C)2016 金沢クラウド.com All Rights Reserved.

    page top