コラム

  • home
  • コラム
  • あなただったらどうする?異業種のケーススタディを通して見えた2つのポイント

あなただったらどうする?異業種のケーススタディを通して見えた2つのポイント

2017.01.31

おはようございます。タスクの京谷です。

さて、今回は以前参加した異業種交流会でのお話をしたいと思います。

ケーススタディと題して、ある洋菓子メーカーの社長様の実話を基に討議するという企画がありました。

その社長様はもともと製造現場の責任者で、経営はお兄様に任されていたとのこと。
そのお兄様が急逝されるところからケーススタディが始まります。

討論から見えた事実とは

異業種のケーススタディを通して見えた2つのポイント

ケーススタディのお題は「そのときあなたは」。

つまり同じ状況に陥った時、いったい何が困るのか、どのように対処すればいいのかを話し合います。
用意された模造紙に、課題を付箋で貼り付けていきます。

模造紙に貼られる付箋には課題として

  • 給与の仕組みがわからない
  • 銀行とのやりとりがわからない
  • 資金繰り
  • 取引先との関係をどうすれば
  • 取引先とどんな話をしているのかわからない
  • 販路開拓などやったことがない
  • 従業員の求心力

など、色々な問題が浮かび上がります。

そして対策として

  • エキスパートを雇う(社長の報酬よりは安い)
  • 取引先や銀行に教えを乞う
  • 従業員に頭を下げ、協力を依頼する
  • 行政のサービス(経営相談など)を徹底的に活用する

など、さすがメンバーはほとんどが経営者とあって、リアルな対処法が次々と並んでいきます。

ケーススタディを通して見えた2つのポイント

7つのグループに分かれた討議だったのですが、
対処のベスト5は以下の通りでした。
予防的な意見も数多く見られます。

5位 「会計士や労務士などの専門家に意見を聞く・情報を集める」
4位 「普段から社長業務を分担し、スタッフに権限を与える」
3位 「銀行との関係を把握する」
2位 「取引先の情報を整理する」
1位 「従業員を不安にさせない」

カネにあたる銀行との関係もそうですが、
①モノ(取引先)、②ヒト(給与や人事)に関する情報の共有が重要という声が多いのが印象的でした。

ちなみにその社長様の実体験では、新社長に就任後最初にやったのが、

「給与計算Excelの構造を把握する」

だったそうです。

お問い合わせ
資料ダウンロード
Copyright(C)2016 金沢クラウド.com All Rights Reserved.

page top