利用シーン一覧

  • home
  • 利用シーン
  • 自社の機密ファイルを提供先の他社から流出させない管理手段
自社の機密ファイルを提供先の他社から流出させない管理手段
2017.04.05
セキュリティ 業務効率化

仕事をすすめる中で情報共有は頻繁に行われます。
重要な内容は紙でやり取りしていたことも、インターネットが普及し、やり取りするデータサイズが大きくなるうち、ファイル自体を共有することは珍しくなくなりました。

外部と業務をすすめる中で、機密情報を共有することも。
そういった自社の機密情報の掲載されたファイルはセキュリティの観点からきちんと破棄してもらいたいもの。
しかし、他社にまで管理を及ぼすことは難しく、自社範囲外から情報が流出するきけんm

  • 課題
  • 自社の機密ファイルを保護しながら外部と情報共有したい
  • ポイント
  • 外部とファイル共有したいが端末にダウンロードさせたくない
    機密ファイルを他社が配布してしまうのを避けたい
  • 解決策
  • ファイルを配布しないでファイル共有する

機密ファイルをきちんと管理したい!

仕事をすすめる中で情報共有は頻繁に行われます。
重要な内容は紙でやり取りしていたことも、インターネットが普及し、やり取りするデータサイズが大きくなるうち、ファイル自体を共有することは珍しくなくなりました。

社内のセキュリティルールに則って管理していても、ファイルを外部に渡してしまえば、そのファイルの行き先までは追い切れません。
結果、ファイルが渡した他社経由でほかに配布され、情報流出の問題につながることも…。

外部とファイル共有したいが端末にダウンロードさせない

機密ファイルを他社が配布してしまうのは、自社の機密ファイルが手元にあることで発生します。
つまり、機密ファイルの配布(ダウンロード)を行わずに、ファイル共有することで問題を解決できます。

ファイルを配布しないでファイル共有する

ファイルを共有する手段として、メール添付などを利用すると、端末に直接資料をダウンロードすることになります。
こういった手段は避けて、ファイル共有することで漏えいを防ぐことが出来ます。

boxではダウンロード・印刷の可否など共有方法のほか、閲覧期限など細かく制御ができ、ファイル自体の外部流出を防ぎます。
また、ダウンロードや編集、閲覧の履歴などの細かいログを取得できるので「だれが・いつ・どこで」といった情報をまるごと可視化できます。
また、boxは金融機関や医療機関でも認められる高度なセキュリティ性能を誇っており、情報流出の対策としてもばっちりです。

サービスをさらに知りたい、
事例を聞きたい方向けのセミナーはこちら!

金沢クラウド.comでは、北陸(富山・石川・福井)で働く企業の方々に役立つ各種セミナー・講座を開催しております。
ゲスト講師をお招きするセミナーも豊富に実施しておりますので、ぜひご参加ください。

日程 2017年7月20日(木)
定員 100名
ポイント 時 間: 13:00~18:00(受付12:30~)
会 場: 金沢商工会議所 1F 大ホール(金沢市尾山町9番13号)
参加費: 無料 (事前申込制)

第1講座 北欧から学ぶ!生産性5つのキーワード
第2講座 V字回復からつかんだ!高生産性経営の秘訣
第3講座 進化する企業・組織・人々のワークスタイル
第4講座 データの見える化から始める生産性向上
クラウドサービスも数多く展示します。
お問い合わせ
資料ダウンロード
Copyright(C)2016 金沢クラウド.com All Rights Reserved.

page top